記事一覧

抜歯の原因

手足が冷えきってしまうほど、寒い日が続いています。スタッフの植田です。本年も宜しくお願いします。

歯を抜く…突然、そう告げられたらびっくりしますよね。

1980年代頃までは虫歯で抜歯される方が多かったそうですが、歯学の進歩で最近は残せる歯も増えてきました。じゃあ、どんな方が歯を抜くのか?その割合は歯周病、虫歯、破折、矯正の順に多いそうです。歯周病は、30代から50代。虫歯は30代前後、破折は20代から40代。男女差は、特にないそうです。ただ、既に歯を抜く失ってらっしゃる方は、歯周病による抜歯が多いデーターが出ていますので、特に要注意が必要です。

私は親知らずを抜いた経験があります。半分以上、歯肉に埋まっていましたが噛み合う歯もなく歯ブラシがきちんと届かないので虫歯や歯周病など将来への弊害が大きいと思ったからです。

今年も日々のケアと定期検診で、1本でも多く歯を残しましょう!

imgG55277734_1484611866174

新城アイモール歯科

TAGタグ

PAGETOP