スタッフブログ

タバコの害

こんにちは
スタッフの齋藤です。

タバコが身体に悪い事は皆さんご存じだと思います。
歯周病にも関わりがあり、喫煙者は歯周病に成りやすく、重症化しやすくなります。

タバコの成分は4000種類以上の化学物質が含まれそのうち200種類以上が有毒物質 です。

直接タバコを吸う方より、周りの人が吸い込む受動喫煙の方が有毒だと言われてます。
煙自体を吸わなかったとしても、有毒物質が染み込んだ壁やカーテンからも出ていますが、喫煙者がタバコを吸った後8時間は呼気からも有毒物質が出ているそうです!

愛煙家の方には耳の痛い話になりましたが、ご自身の為にそしてご家族の為にも、禁煙や又は少しづつ本数を減らすのはいかがでしょうか…

新城アイモール歯科

TAGタグ

PAGETOP